デメリット

あまりにも静か過ぎる

プリウスには走行時の音が静かというメリットがあります。
周りの人にも騒音で迷惑をかけることがないので、非常に魅力的なメリットだといえます。
しかし、このメリットがデメリットになることがあるのです。
なぜなら、走行音がしないということは歩行者がプリウスに気付かないということに繋がるからです。
そのため、歩行者はプリウスを視覚だけでしか確認することができないので、プリウスが後ろから来ているのにも関わらず、それに気付かずに道路を横断してしまうケースも考えられます。
あまりにも静か過ぎると場合によっては、こういった事故を起こす可能性があるのです。
このような事故を防ぐためにもオプションで車両接近通報装置が用意されているので、プリウスを購入される方は取り付けた方が良いかもしれません。

音が静か過ぎることによって引き起こされる事故を防ぐためにも歩行者の様子をしっかりと確認することが大切です。
普通の車であれば気付いてもらえるかもしれませんが、プリウスだと気付いてもらえない可能性があるので、人通りの多い場所を運転する場合は特に細心の注意を払うようにしましょう。
ただ、しばらく運転しているとそういった運転にも慣れてくるので、それほど心配する必要はないと思います。

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁