プリウスはどうして定着したのか?

近頃、プリウスをよく見かけるようになりましたよね。
以前であれば、プリウスは非常に珍しい存在でしたが、今は使用している人が多くなり、すっかりとメジャーな自動車になりました。
では、どうしてプリウスはここまで定着したのでしょうか?
プリウスが定着した理由はなんといっても燃費の良さです。
低燃費のハイブリッドカーといえばプリウスと言われるほど非常に燃費に優れており、ランニングコストを大幅に削減できます。
燃料消費率は脅威の32.6km/Lなので、ガソリン代を気にすることなく、
思う存分ドライブを楽しめるという点に魅力を感じている人が多いはずです。
また、排出ガスも非常に少なく、クリーンな自動車としても評価が高いのがプリウスです。
近年、環境問題がクローズアップされることが何かと多くなり、みなさんエコカーに乗るようになりました。
そんなエコカーの中でも排出ガスの少なさはピカイチです。
そして、プリウスは走行性能にも優れており、低燃費でありながら力強い走りが可能です。
さらに静粛性にもこだわって作られているので、普通の自動車であれば走行中に聞こえる音もプリウスの場合はその音が室内に届きません。
このような特徴があるからこそ、プリウスという自動車が世の中に定着したのだと思われます。

 

 

プリウスの気になる安全性能

自動車を購入する時に気になることといえば安全性能ですよね?
いくら良い自動車でも安全面に不安を感じるのであれば、怖くて乗ることができません。
では、プリウスの安全性能はどのようになっているのでしょうか?
まず、プリウスにはプリクラッシュセーフティシステムという機能が搭載されています。
プリクラッシュセーフティシステムとは先行車と衝突する可能性があると判断した場合、ドライバーに注意を促したり、
自動的にブレーキを作動させる機能です。
そのため、よそ見をしていて衝突しそうになっても事前に気付くことができたり、
万が一衝突してもダメージを軽減することが可能です。
そして、高速道路を走行する時に便利なクルーズコントロールも搭載しています。
一定の速度で走行することができ、アクセルを踏まなくても同じスピードで走り続けます。
高速道路の運転は一般道路よりも精神的に疲れますが、クルーズコントロールによってその負担を減らすことができます。
さらに適切な車間距離を保つことができるレーダークルーズコントロールを搭載しているので、
アクセルやブレーキを繰り返して車間距離を取る必要がありません。
また、横滑りを防止するステアリング協調車両安定性制御システムや歩行者に音で車の存在を知らせる車両接近通報装置という機能もあります。

 

 

プリウスが向いている人とは?

「プリウスに乗ってみたいけど自分に向いているのかな?」と不安に感じている人もいるのではないでしょうか?
プリウスを新車で購入するとしたらだいたい200万円~300万円程度かかります。
そして、プリウスを売却しても中古車市場に多く出回っているので、それほど高額で売れる訳ではありません。
そうすると購入して失敗したくない思うのは当然のことです。
では、どのような人にプリウスは向いているのでしょうか?
プリウスが向いている人は燃費を何よりも重視する人です。
非常に燃費が良いので、他の自動車に乗るよりもガソリン代を大きく節約することができます。
一般的な自動車の4分の1程度の燃費で走行できるのは経済的にとても大きいですよね?
ランニングコストがかかって自動車を維持するのが大変だと感じている人はプリウスに乗り換えた方が良いかもしれません。
逆に向いていない人は家族乗りで使おうと思っている人です。
室内がそれほど広くはないので、家族乗りで使用してしまうと狭く感じてしまうはずです。
また燃費が良いので長距離移動には優れていますが、荷物を多く積むことができないので、
アウトドアに使用するのは難しいかもしれません。
プリウスを購入される場合、後悔しないためにも是非参考にしてください。
車買取
全身脱毛なら銀座カラーが人気
便秘を解消したい